マイナチュレカラートリートメント 乾いた髪

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪への効果的な染め方は?

「染まり」と「髪への負担軽減」を両立させたマイナチュレカラートリートメント。

 

マイナチュレカラートリートメントは

 

  • 白髪ケア
  • スカルプケア
  • ヘアケア
  • エイジングケア

 

 

4つのケアが同時にできるトリートメント効果があるカラートリートメントです。

 

マイナチュレカラートリートメントは濡れた髪への使用方法が案内されていますが乾いた髪に使うこともできます。

 

ここでは

 

マイナチュレカラートリートメントの基本的な使い方と乾いた髪への使い方について解説していきます。

 

 

今すぐ最安値をチェックしたい方はこちら

 

!実質1本無料価格!

マイナチュレカラートリートメント最安値店">マイナチュレカラートリートメント最安値店

 

 

 

マイナチュレカラートリートメントは乾いた髪にも使える!乾いた髪につかうメリットは?

 

 

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使ってもいいかどうかは皆が疑問に思うことのようで、公式サイトQ&Aに回答があります。

 

乾いた髪に使用してもいいですか?

大丈夫です。
洗髪前の乾いた髪にもご使用いただけます。

 

 

マイナチュレカラートリートメントは基本は濡れた髪に使います。
どういった時に乾いた髪に使うのがいいのか解説します。

 

 

 

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪で染めるメリット

 

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使うメリットは簡単に手早く、白髪ケアの質を上げられること。

 

髪が乾いた状態だと、カンタンにピンポイントでカラートリートメントを塗ることができます。
根元の白髪や、色がまだ定着していない部分などを重点的にケアできます。

 

 

 

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪と濡れた髪の違い

 

 

マイナチュレカラートリートメントに限らず、カラートリートメントを濡れた髪に使うメリットは髪全体になじませやすいということ。
ムラになりにくいというメリットがあります。

 

ムラなく染まりやすい代わりに水分を含んだ髪につけるため色味が薄くなりやすいというデメリットがあります。

 

カラートリートメントを乾いた髪に塗るメリットは気になる部分にピンポイントで塗れるということ。また色味が濃く出やすいメリットもあります。
乾いた髪に塗るデメリットは、全体にムラなく塗るのが難しいという点があげられます。

 

 

こうしてメリット、デメリットを比較すると

 

  • 髪全体をカラートリートメントでケアしたいときは濡れた髪
  • 部分的に気になる部分に塗りたい時は乾いた髪

 

 

ということになります

 

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪の染め方

 

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う場合の手順は次の通り。

 

  1. 髪をいくつかのパーツに分けて塗ります。気になる部分から先に塗っていくのがおすすめ。
  2. いろんな方向から髪をかき上げ全体になじませ10分おきます
  3. お湯を少量ずつ手にとり髪を揉みこむようにしてぬめりをとってからすすぎます。
  4. タオルドライ後ドライヤーで良く乾かします

 

 

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪を染めるポイント

 

乾いた髪に塗る場合のポイントは3つ。

 

  • マイナチュレカラートリートメントを塗った後洗い流す際に汚れないよう前開きの服で行う。
  • 髪の絡みやほこりなどの汚れにより色ムラがでないよう事前にブラッシングします
  • 顔への付着を防ぐため、髪留めをつかったり顔用クリームやオイルなどを耳、生え際、首すじに塗っておきます

 

マイナチュレカラートリートメントは部分染めもOK。部分的に染めたい時は乾いた髪で行った方がやりやすく上手に染めやすいです。

 

 

マイナチュレカラートリートメント部分染めのやり方

 

根元の白髪や、色がまだ定着していない部分などを重点的にケアしたい場合はマイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に塗るのがおすすめ。

 

髪が乾いた状態だと、カンタンにピンポイントで塗れるので、簡単に手早く、白髪ケアの質を上げることができます。

 

 

部分染めをするそれぞれの部位別に解説します

 

マイナチュレカラートリートメント分け目の染め方

 

  1. 分け目から両サイドに向かって塗ります
  2. 最初の分け目から少しずらした位置に次の分け目を作って反対側からもぬります。

 

 

1・2を繰り返すことによって重ね塗りができ、よりしっかり染めることができます。

 

 

マイナチュレカラートリートメントもみあげの染め方

 

  1. 指にマイナチュレカラートリートメントをつけもみあげの髪をつかみます
  2. 耳につかないよう気をつけながら下から上に向かって塗っていきます

 

 

マイナチュレカラートリートメント生え際の染め方

 

  1. 生え際をコームでとかしながらマイナチュレカラートリートメントをぬっていきます。
  2. コームを寝かせて塗ると塗った染料が削げ落ちたり地肌に付着しやすくなるのでコームを立てて塗るのがポイント

 

 

 

 

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪でもOK汚れない使い方

 

 

 

マイナチュレカラートリートメント乾いた髪を染める時の注意点

 

マイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う場合、髪にヘアワックスやクリームなどの整髪料が付いた状態で使うと、色の染まりが弱まったり、色ムラになる場合があります。
また、整髪料の成分が頭皮につき、頭皮トラブルを招く可能性も。

 

ワックスやクリームをつけている場合は1度シャンプーをしてからマイナチュレカラートリートメントを使用した方がいいようです。

 

 

 

【まとめ】マイナチュレカラートリートメント乾いた髪の染め方

 

マイナチュレカラートリートメントの基本的な使い方は使い始めの3〜5日間は、お好みの色に染まるまで毎日連続で髪全体に染めます。

 

染まり方は、白髪の量や髪質により異なります。
好みの色味になったら、週1〜2回のペースで利用すると色味が維持できます。

 

乾いた髪への利用はこの基本の使い方で特に染まりが気になる部分や白髪が目立ちやすい生え際など、ピンポイントでお手入れするのがおすすめです。

 

ここではマイナチュレカラートリートメントを乾いた髪に使う方法を解説しました。

 

髪全体を染める場合や色味の維持のためには濡れた髪に使用するのがおすすめです。

 

濡れた髪を染めるマイナチュレカラートリートメントの基本的な使い方はマイナチュレカラートリートメント効果的な使い方を参考にしてください。